Saturday, April 22, 2017

a surreal experience...


came to Willow Springs Raceway for the annual vintage road race and swap meet event A.H.R.M.A. and then realized that we hadn't unloaded the old Honda stuff that we got in Monterey yet so decided to unload them here and maybe someone wants something. maybe.

毎年恒例のウィロー・スプリングス・レースウェイで開催されるヴィンテージレースとスワップミートにやって来た。そして、欲しかったCB77のエンジンだけさっさと下ろして残りのガラクタカラの山はチャボバンに乗せたままだったことに気づく。そうだ!スワップミートなんだから、さりげなく置いてみよう。きっと欲しい人で黒山の人だかりができるはず。あれ?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・誰も来ない。

great! customer's here. how may I help you? oh, it's our friend A-san. he was just showing off whatever he scored.

お!来た来た!いらっしゃいまーせー。って、変の態部長のAサオ氏だし。あっちの店でいい物見つけたって喜んでいる。


it was a pleasure meeting you guys C & C!

こちらのお二人もガラクタカラには興味なし。でもブログ見てくれていると言ってくれた。うれしい。

my XR185/200 is  "NFS"!

売り物ではありませんから!移動用に持ってきたXR185/200。

 1956 Indian Woodsman 500 ♥



it's time for riders meeting! and we spotted our friend, former AMA racer, Thad Wolff in his racing suites!!

ライダーズ・ミーティングが始まったのでトラックの方に来てみたら、ツナギ着た友達の元スーパーバイクのレーサー、タド・ウルフ氏を見つけた!


Thad went up in front, greeted everyone and then said his friend Wes Cooley was here. what? Wes Cooley's here, too?!

タドは群集の前に出て挨拶をし、「今日は友達のウェス・クーリーも来ています。」と言い出した。え?クーリーも来てるの?

WOW@@ the guy who was standing in front of shinya WAS THE Cooley!!

キャー!木村氏の前に立っていたこの方こそが、ウェス・クーリーだったとは!


 shinya got super excited and came closer to Cooley inch by inch :D

大興奮の木村氏、じりじりとクーリー氏に近づいて行く。


 dream comes true.

夢のツーショット(無理矢理)。

this is a picture from shinya's old photo album. it's shinya's Wes Cooley replica GS1000S in 1986 when he was around 24. :D  he said he never imagined that he would meet Cooley in person 30 years later at Willow Springs raceway. now i understand why shinya got a GS1000 10 years ago after he relocated to the States and said this would be his long-term pleasure project.

こちらは木村氏のアルバムより。1986年、24歳頃の木村氏が乗っていたウェス・クーリー・レプリカのGS1000Sの写真。30年後にしかもウィロー・スプリングスでモノホンのクーリーに会えるなんて、誰が想像できたでしょう。そりゃ興奮するのも分かります。現在も(ずっと頓挫していて10年越し)GS1000の個人プロジェクトを抱えている木村氏。なんでGS1000なのかなあってずっと思っていたけど、こういうことだったんだ。なんか感動。

Thad introduced shinya to Cooley :D told him about shinya's GS1000 project, too. thank you Thad! shinya was keep saying "Wes Cooley looked at my eyes and spoke to me!!" for the rest of the day :P

ウルフ氏がちゃんとクーリー氏に紹介してくれた。ついでに木村氏のGS1000のプロジェクトの話までしてくれている。ちなみにウルフ氏もなかな進まないGS1000のプロジェクトを抱えている。この後木村氏は「ウェス・クーリーが目を見て話してくれた!!」とアイドルの追っかけ並に一日中喜んでいた。


 highlight of the day.

今度はちゃんと一緒に写真を撮ってもらう。

#37 Thad Wolff on GS1000, #34 Wes Cooley on Katana in 1982. a page from shinya's old magazine collection. 2 years later in 1986, shinya bought the Cooley replica shown above. and 30 years later, three of them meet at Willow Springs raceway!

木村氏が大切にしている昔の雑誌の1ページに二人が一緒に写っている写真が。1982年、#37がGS1000に跨るタド・ウルフ氏、#34がカタナに跨るウェス・クーリー氏。これを見て青年期を過ごし、4年後にクーリー・レプリカを手に入れた木村氏。30年後に3人で写真を撮れる日が来るとは。





 Britten

 Thad is racing his CB160 today.

そして、本日CB160でレースに出場するウルフ氏。



the first class that Thad was in was a Le Mans-style start so i was asked to hold the bike for him :D

ウルフ氏最初のクラスはル・マン・スタイルでスタート。それでマシンを押さえている係に抜擢された筆者。

it's hard to tell from this picture but it was super great rocket start!

この写真からは伝わりませんが、めちゃくちゃ速かった!華麗なるロケット・スタート。本当に見事。


 yup, he knows everything about Willow.

ウィローは彼にとっては庭、ホーム・トラックだもんね。



what a great race! Thad is the real deal!

素晴らしいレースだった。観ている人を楽しませる余裕さえもある。ホンモノってスゴイ。シビレタ。





Friday, April 21, 2017

fill me with consternation...


to tell you the truth, the only thing Shinya wanted out of the pile of STUFF we got in Montery yesterday was this CB77 motor... hopefully, other stuff, mostly CL parts, will someday be useful. let us know if you are looking for something. we may have one :D

昨日遠くの町から引き上げてきたもの。実は木村氏が狙っていたのはこのCB77のエンジン(だけ)だったそうな。残りのガラクタの山お宝の山はなんなんだって話。もう膝の力が抜けた。ま、いつか役に立つ時が来るんだとは思うけど。ホンダのCL関係のパーツをお探しの方はご一報ください。





good news. now he's satisfied and be able to focus on the Aermacchi project. 

吉報。CB77のエンジンをゲットして満足したのだろう、壊れかけていた木村氏の「オン」のスイッチが稼動し始めた。マッキ・プロジェクトに精を出す。よしよし。







 fins under the seat.

シートの周りにもフィン。

to be continued...

続く・・・





Thursday, April 20, 2017

chabott vacation package...


left Azusa around 6 am and 5+ hours later, we are in Monterey :) 

急遽、朝6時にアズサを出発。5時間ちょっと後に北カリフォルニアのモントレーに到着。


our empty van looked like this another 2 hours later :D looks like a pile of junk but they are treasures for some people, right? mostly 60s Honda parts and motors.

さらにその2時間後にはカラだったチャボバンがこんな感じで満載に。ガラクタなんて言ったら叱られます。60年代のホンダのパーツやエンジンなど、人によっては大切な宝の山なんでしょうけど、宝に見えない。

had to help the seller to clean his garage in order to get some more stuff and extra discount 👀 my whole body aches. 

なぜか売主のおじいさんのガレージの掃除まで手伝う派目に。てきぱき働いて更なる値引きやゴミオマケをゲット。身体が痛い。

that was a flying visit. thought Monterey was an oceanfront resort where people take a vacation and get relaxed... haha

トンボ帰り。確かモントレーってオサレなリゾート地じゃなかった?ま、楽しかったからいいんですけども。





Wednesday, April 19, 2017

shinya's on/off switch is broken now...


took our friend K-san and his son from Japan to the canyon.

日本からいらしているKタヤマ氏と6月からアズサ市のカレッジに通われる息子さんと山へ。

 looking for something?

何かいるのかな?



since K-san's son didn't have moto license yet they had to ride double and shinya wanted to let them ride the SR500, one of the most reliable motorbikes of all we have. however, very unusually, it acted up and they had to take the Aermacchi 350 Sprint instead. two tall guys on 350? it sounds rough, right? but they had fun after all so it was all good.

Kタヤマ氏の息子さんはまだ車もオートバイの免許も持っていないそうなので、お父さんと2ケツ。2ケツと言えばパワフルで信頼のSRをお貸ししようとしたら、珍しく発動せず。背の高い男性二人、アエルマッキ350にギュウギュウでしたが、マッキも本領発揮。グングンと上のクリスタル茶屋まで来れた。良かった!





the lunch ride. right after we came back from the canyon, shinya rechecked the SR and found out that the vacuum hose was off. dah! SR never dies! 

山から戻るとSRを再点検。負圧のホースが抜けていただけだったとは・・・やはり、SRは裏切らない。そしてそのままテストを兼ねてルンチ・ライド。SR500の素晴らしさを再確認する木村氏。


had too much fun, stopped here and there freewheelingly...

楽しすぎてついつい寄り道が多くなる。



 giving a TLC to XSR700.

忘れていたわけではございません。久々にXSR700に愛情を。



 the Aermacchi project.

マッキ・プロジェクト。

this is a time to brew some ideas...

なかなかスイッチが入らない木村氏。 今はアイディアを温める時、らしい。