Wednesday, February 3, 2016

ventilate the seat cowl...


the F4. making some air passageways on the seat/tail section.

アグゥスタ。今日はシート・カウルに空気の通り道をいっぱい作る日。



 on the sides...

シートの両側と・・・


 on the top of the tail section.

テイルの上部にも。通気を良く。

to be continued...

続く・・・





Tuesday, February 2, 2016

tasteful interior...


at #12. drew support from neighbor friend, Wata was dragging out the rotten seats from his '69 Chevelle.

12番にて。近所の若人の手を借りてWタナベ氏がシェヴェルからボッロボロのシートを取り出しております。

it's no biggie. his car is always messy like this.

Wタナベ氏のクルマの中っていつもこんな感じだから、得に驚きもしませんが。


 will take them to the upholstery.

 ボロッボロを張替えに出すそうです。






Monday, February 1, 2016

got something gooood...


 the F4. one idea for the taillight.

アグゥスタのテイルライト。こんな案が浮かんだようです。








at #12. Wata is working on his Chevelle project. it has been kicking around for quite a while but he finally got his lazy butt in gear.

さて、12番。とにかく時間のないWタナベ氏、今回はかなりテキパキ。しばらく放置されていたシェヴェル・プロジェクトに着手。かなり手が掛かりそうな見た目ですが、放っておいたら一生このままですから早く乗れるようにしましょう。(エルカミーノが旅立つことになり、自分の足が無くなっちゃうので重い腰を上げただけですがね


whew! i don't know what kind of trick he used but after tinker around for a while, it fired up! got great sound. it really was a bargain then.

なななんと。何をどーしたのかは分かりませんが、Wタナベ氏がしばらくガチャガチャとプロっぽいことをやると・・・エンジンが掛かったではありませんか。かなりいい音。ミラコー。そして何だかイラッとさせるぎっくりWタナベ氏のこの「やる時はやりますんで」的な顔。






Sunday, January 31, 2016

fill up a hole...


 the F4.

アグゥスタ。



 closed the tip of the tail.

テイルの先っちょが埋まった。

 in the middle of thinking about the taillight.

テイルライトをどうするか考え中。





to be continued...

続く・・・




Saturday, January 30, 2016

quest for speed...


came to Grand National Roadster Show 2016 in Pomona. we started with the "quest for speed" building where all the SCTA historical landspeed machines were displayed. this is the multi record holder Ironwood Racing's Suzuki GXS-R1000 based LSR. 

今年もGNRSの季節がやって来たのでポモナへ向かう。とにかくまずはランド・スピード・レーサーが展示されているSCTAの「スピードへの探求」館へ。

man, machine and speed. very simple. you don't need to explain to anybody why you are racing. you just want to go fast and make your machine faster. even they are laid on the floor inside the building, we can still feel the speed and "quest for speed". shinya, Wata and i were so excited and fascinated by these machines. maybe too much :D

とにかく速く走りたい。自分のマシンを速くしたい。誰のためにでもなく自分達のその想いだけで創られ走らせているレース・マシン。室内に置いてあっても、スピードを予感させる迫力を持っている。そこには「なぜ」という問いかけはいらないのだと思う。乗り物と人の心とスピード。とてもシンプルだけど、いつの時代も魂を震えさせている人達がいる。自分が全力で走っても出せないスピードを与えてくれる乗り物に、やっぱり魅了されてしまう。一緒に観ている木村氏、ぎっくりWタナベ氏と共にテンション・マックス、鼻息が荒くなり心臓がバクバクした。


 Johnny's LSR shovel

 long long Honda.

実に長~いホンダ。

Subaru 360. we saw this at El Mirage when they first came just to get tech to make sure that they were race ready and have seen it racing on the lakebed ever since.

これが最初に車検だけ受けにエル・ミラージに来ていた時に見てから数年。以来ずっとドライ・レイクでレースしているスバル360と、かなり腰が悪そうなドスコイWタナベ氏。

Alp's fastest 650cc pushrod engine ever LSR! (175.652 mph) just stunning.

650ccプッシュロッドクラスで世界でいちばん速いAのトライアンフ。(282.684 km) しびれる。

 ドスコイ。




Bean Bandits' LSR at "Suede Palace".

「スェードの宮殿」館に移動。ここにもビーン・バンディッツのLSRがあった。






1915 La Bestioni restored and customized by Gary Wales.

別の館に移って、ボロボロの1915年のラ・ベスティオーニをゲーリー・ウェイルズ氏によってレストア/カスタムされたもの。

 the huge piston!

ピストン、デカッ。


 chain-driven engine.

チェーン・ドライブのエンジン。




 27/40 Indian Chout by Go Takamine of Brat Style Long Beach.

またまた別館に移動。ブラット・スタイル・ロングビーチのGTカミネ氏作、1927/1940 インディアン チャウト 発見。

beautifully detailed and engraved knuckle "Stardust" by Ursich Customs.

ディテールと彫金が半端ないナッコー by Ursich Customs。




where is the round saw? shinya really liked the bad mobile when he was a kid.

子供の頃大好きだったバットマンカー(当時の日本ではそう呼んでいたらしい)。あれ?ノコギリがない!(前からノコギリが出てくるらしい)と憤慨する子供のままの木村氏。






 back to Azusa. i told Wata that i hear and feel something from the front left of our van and he immediately checked it.

アズサに戻る。チャボ車両部のぎっくりWタナベ氏にチャボバンの左前から音と妙な手応えがある、と告げると直ぐに見てくれた。今回のWタナベ氏は何かが違う。

needed to replace a wheel bearing. he went out to get the new one and replaced it right away. thank you, Wata!

ウィール・ベアリングがダメになっていたみたい。直ぐにパーツ屋に行き新しいのと交換してくれた。超ハードスケジュールの中、すみませぬ。でも、自らチャボ車両部を名乗っているんだから仕方ないよね。サンキュー、ぎっくり!