Tuesday, June 21, 2016

one and only...


Niimie at Los Angeles airport. he did his best to make the Indian better and Cannonball ready and strolled off. how cool is that. best. teammate. ever.

さすらいのメカN美氏、帰国。お疲れさまでした!できる限りを尽くしてインディアンをベストのコンディションにして去っていく。最高のチームメイトでございます。ま、これだけやったからって本番で何も起こらないなんてことはないのは分かっているけど・・・4回目のキャノンボール、本当に楽しみ。



Monday, June 20, 2016

they finally got what they wanted...


 off to Crystal Lake at 8:00 AM and it was already 90°F...

午前8時、クリスタル茶屋に向けて出発。すでに気温は32°C以上・・・







 all Niimie could tell was,  

とにかくものすごく良いらしい。






 now shinya's turn.

木村氏の番。




10:05 AM. came back from the canyon and were delighted with the result :) can't wait to see  our Indian running in the Cannonball.

about 50 minuets later, the brush fire broke in Azusa canyon (ignited by a car crash) where we were. then an hour after that, another blaze (wild fire) erupted in adjacent canyon in Duarte (next to Azusa). it was moving very fast and the blaze had spread about 3,000 acres by 9 PM.

午前10時過ぎに無事に帰還。ついにこれだっ!という手応えを得た木村氏とN美氏。キャノンボールが楽しみだなあ。

この50分後、ついさっきまで走っていたアズサ山のダムの近くが火事に(これは事故が引き金になって発火)。そのまた一時間後にはすぐ隣町の山から出火(こっちは自然発火)。二つの火事がつながらないように消火活動が続いるけど火は一向に収まらず、暗くなってからも裏山の火がメラメラ広がっていくのが見えて恐ろしかった。早く消えますように。




Sunday, June 19, 2016

ebullience...


though our Indian showed cloudless performance in 105°F, shinya and Niimie want to check the top end one more time :) at first, Niimie is removing carbon from the cylinder head.

本日熱波の中不安のない走りを見せてくれたインディアン。しかし、木村氏とN美氏はもう一度トップエンドをチェックするらしい。けっこうシリンダーヘッドにカーボンがついてしまうのでまずはお掃除。







and their ambitions escalate...

すると、二人の変の態魂がどんどんエスカレート・・・




 :)





they did as much as they could and the Indian responded to it positively. we are all happy :) tomorrow will be hotter than today so we will go for the last test ride early in the morning.

やれることはやった。そしたら、インディアンがそれにちゃんと応えてくれた。本当に嬉しそうな木村氏とN美氏。明日は今日より暑くなるらしいので早起きして朝一で最後のテスト。





more heat on the way...


Matt Machine is back to our sizzling workshop to work on his flathead, which he aired from Australia. just needed to reconnect the battery and some wiring, put back some oil, fuel, chains etc. that he had to take out to put it on a plane.

Mマスィーンがボーンフリー8のためにオーストラリアで作ってカリフォルニアに空輸したバイクの最終整備(オイルや燃料を入れたり、チェーン付けたりちょっとした配線など)をしにすでにうだるように暑いチャボにやって来た。本日のアズサは記録的な暑さになるらしいけど。






leave M and C alone in the workshop, shinya and Niimie are taking the 1915 Indian for another test ride.

MマスィーンとCをチャボに残して、チーム80番はインディアンのテストに出かけることに。

outside temp was already over 105°F but it wouldn't stop them. in fact, we may have one or two hot days when we pass Arizona area during the cannonball. so we are lucky to be able to test in an extreme weather like this.

外は摂氏40°Cを超えている。しかし、そんなことで彼らはテストを諦めたりはしない。実際にキャノンボール中にこれくらいの暑い日を何度か経験しているし、今回生まれ変わった101歳のインディアンを熱波の中試せるだけでもありがたい。

 we are stewed but the Indian runs consistently steady in the heat. way to go, Indian!

人間は熱波にやられてフラフラだと言うのに、インディアンは変わらずしっかりした足取りで走り続けてくれる。すごいぞ、インディアン!




the heat made us hard to breathe but not the Indian.

熱で息が出来なくなりながら気合いで戻る。(人間の話)



 back to our workshop and Mattt Machine was in his final stretch of the maintenance.

そんな中チャボに戻るとMマスィーンの整備も大詰めを迎えていた。






 it's up and running!

エンジン掛かった!

congrats, mate!

良かったね、Mマスィーン!