Sunday, September 21, 2014

stage 16: in tacoma...


found this guy in Tacoma wearing our old t-shirts. turned out that he was the one who stopped by our workshop 5,6 years ago with his friend and we also have a mutual friend. he came down from Seattle just to say hello to us and kept us company while we were desperately waiting for niimie and the indian to arrive. thank you!

タコマに着いてハラハラドキドキしながらN美氏を待っていたら、古いチャボTを着ている人を発見。あ!共通の友達がいて、しかも5,6年前に別の友達とチャボに来てくれた人だ!今日はシアトルからわざわざ会いに来てくれていて、本当はすぐに帰らなくちゃいけないのにずっと一緒に待っていてくれた。ありがとう。

oh! they are coming! actually we had a call from niimie a bit earlier that he got to the final check point but still our hearts went thumpety thump. until we see him and the indian at the goal...

おっと、ついに到着し始めた!ドキドキが止まらない。実は少し前に最後のチェックポイントに着いたとN美氏から連絡があった。が、ゴールにたどり着く姿を見るまではひとつも安心できない。

 #92 neracar!

チーム92、ネラカーが来た!

 Texas pride, team Carson!

やっぱりチーム・テキサスはテキサスの正装でゴール!


 i think i saw the black x yellow sweater...

あれ?黒x黄色のセーターがチラリと見えたような・・・
 
i wanted to capture THE moment but i guess i got overly excited and this is what i got...

ゴールする瞬間を撮りたかったのに、どれだけ興奮していたのか・・・このような写真に。しどい。

 right after the gooooooooool!!

ゴ=====ル!!(直後)
 
yes! team 80 made it!

チーム80、とうとうゴール!


 seems like a lot happened...but it's all right!

何だか色々あった模様・・・でも、ゴールできたんだからいっか!


 





in the meanwhile, the Seattle Cossacks motorcycle drill team began their performance.

そうこうしていると、シアトル・モーターサイクル・コザック隊のパフォーマンスが始まった。




we felt as if we were walking through a dream  and their performance took us further away from the reality... okay, this must be dream within a dream.

念願のゴールを果たしたとは言え実感がなく、何となく夢見心地でフワフワしていた我々。でも、このコザック隊のお陰で 完璧に「これは夢だ!」と確信。ものすごく不思議ワールドにいざなってくるコザック隊。夢、夢、ぜーんぶ夢。

  
to the parking lot but no more repair/maintenance. yes, this must be a dream.

駐車場に向かうN美氏とインディアン。でも、今日はメンテも修理もなくバンに載せるだけ。あ、やっぱり夢だな。


stu2011.blogspot.com

stage 16: to Tacoma...


 the last stage will be starting soon.

いよいよ最後のステージが始まる。
 
with the ranking number 1 #35 HC from South Africa and his 1924 indian scout. so happy and very proud to see one of the indians perform solidly in the race.

現在1位のチーム35、南アフリカから参戦のHCと彼の1924年のインディアン スカウト。過酷なレースでインディアンが健闘している姿を見れてなぜか誇らしい気持ちになる。
 
team #16 RR's 1936 indian chief "acceptance".

 チーム16、RRの1936年 インディアン チーフ 「アクセプタンス」

yep, those three are in the same race. our indian does look like a bicycle here :)

同じレースに参加しているとは思えない骨太でがっしり、モーターサイクルとしての形が完成されている1936年のナッコー達と自転車のようなインディアン。
 
CSS and PS
 

class I
 


Sunny(standing left of center in the picture) and Rin Tanaka came to cheer us from Japan and Calif.

サニーOカモト氏とTナカ凜太郎氏が、今回もまたまた応援に駆けつけてくださいました。ものすごくホッとして、元気をいただきました。ありがとうございます!
 



niimie stirred himself and off to Tacoma. at this moment we all had confidence in our indian, at the same time, we knew that anything could happen to the 99-year old poor lady. shinya and i believed that in any circumstances niimie could manage it with sheer determination.

絶対行ける!そう気合いを入れて出発するN美氏。「ここまで来れば最後まで行ける」とチーム80は全員インディアンを信じている。でも、何があってもおかしくないということも知っているし覚悟も出来ている。もう、思いっきりがんばれ、インディアン!あとはN美氏のど根性を信じてゴールで待つのみ!



.


stu2011.blogspot.com

Saturday, September 20, 2014

day 15: the last night before the grand finish...


making a pushrod using a round bar that we got at a local hardware store earlier.

さて、日中に地元のハードウェア屋で探しておいた丸棒を使って、プッシュロッドを作る。









 making a spare pushrod just in case.

念のため予備のプッシュロッドを作って後ろの箱に入れておこう。

mind you, this is our very last maintenance night. tomorrow will be the day that we've been waiting for but we knew that we were somehow going to miss this marathon like event. it looked almost like torture from the outside but very addictive if you were in it.

さて、泣いても笑ってもこれが最後のメンテ・ナイト。明日はあれだけ待ちに待った、そして夢にまで見た最終日。しかも何とか自走でゴールできそうだ。なのになぜか少し寂しい気持ちになる。外から見ていると拷問のようにも見えるこの延々と続く、走って・メンテ修理・走って・メンテ修理。一度中に入ってしまうと病みつきになってやめられなくなる。ま、変の態だからかもしれないけど。


stu2011.blogspot.com