Friday, September 19, 2014

stage 14: afterward...


 the open-air pit.

青空ピット。

 team #16.

チーム16。





 gearheads are gathering.

続々とキャノンボーらーが集まってくる。

 they just love motorcycles.

みんな本当にオートバイが好きなんだなあ。
 


take just a weeny bit more. for tomorrow.

もうちょっとだけやろう。明日のために。


stu2011.blogspot.com

stage 14: start...


stage 14. starting early because we are getting into the pacific timezone from mountain timezone. the west coast is calling.

山岳時間帯からいよいよ太平洋時間帯へ突入のため、時差の調整でまだ暗い内からスタートの準備なステージ14。





 go indian! go niimie!

がんばれインディアン!がんばれN美氏!


»«»«»«»«»«»«



scenery from the van window. flying onions were attacking our van :)

チャボバンも本日のゴールに急ぐ。トラックからオニオンが飛んできてびっくり。

sometimes the support vehicles have to take the same route as cannonball racers. and we saw niimie and the indian in the canyon.

どうしても代わりの道がない時は、サポートカーもレース車両と同じルートを通る。と、アイダホの峠で見慣れた姿が!


 go niimie!

#57 G and L on 1930 indian chief with a indina princess sidecar. and boy, they weren't cruising, they were shifting their weight effectively and intrepidly riding over the canyon. we were profoundly affected by their spirits.

1930年のインディアン・チーフにプリンセス・サイドカーをつけて奥さんと一緒にキャノンボールに参戦しているチーム#57。淡々と走っているのかと思いきや、果敢に峠を攻めている先輩夫妻を目の当たりにして涙が出た。かっこいい。スピードの話ではなく、峠は攻める。そういう気持ちをいつまでも持ち続けていたいなあ、と思った。


 potatoes potatoes. we are in idaho!

本当にジャガイモ畑が続く。そう、ここはアイダホ。




 »«»«»«»«»«»«



 at today's finish. still waiting for niimie and the indian.

本日のフィニッシュ。続々とゴールする他のチームを横目にひたすらインディアンとN美氏を待つ。

 here he comes!

キタァァァ!


i can't believe i didn't take a photo but we met a beautiful family from Moscow, Idaho who have been following our blog. it was a pleasure meeting you all :)

いつもブログを見てくれているという近くの町に住む家族に出会ったのに、写真撮り忘れ。

what a relief! so so glad to see niimie and the indian at the finish. especially with the new piston. very proud of them.

新しくしたピストンだし、いつも以上に待っているのがドキドキだったけど、こうしてゴールでN美氏とインディアンを迎えると嬉しさと誇らしさでいっぱいになる。チーム80最高!

and to the hotel parking lot...

そして、この後はもちろんホテルの駐車場へ。


stu2011.blogspot.com

Thursday, September 18, 2014

stage 13: afterward...


all the cannonballers have to keep their motorcycles at the finish for a certain time so shinya and niimie decided to work on the indian at the finish while it was still on the trailer to save some time because it will be a long night tonight.

フィニッシュ後一定の時間レース車両を勝手に動かしてはいけないので、すぐにピットに運んで直すことが出来ない。時間を節約するため、まだトレーラーに載ったまま今日のフィニッシュ地点に留まっているインディアンの下準備を始めるチーム80。早く直したいのにもどかしい。

oh, my! the original steel piston broke into a half-moon shape... sad.

きゃー!オリジナルの鉄ピストンが半月型に割れてしまっていた。悲し。







finally, we got the indian back to the parking lot. somehow shinya and niimie looked very happy :)

やっとホテルの駐車場に戻ってきたインディアン。なぜか嬉しそうな二人。
 
we brought a pair of spare pistons so we just need to replace it, no problem. but some pieces of broken piston went into the crank case so we need to open the crank and clean it up.

予備のピストンを持ってきているので問題ない。でも、割れたピストンの破片がクランクケースの中に入り込んでいるので、クランクを開けて掃除せねば。

some spectators joked about it like "well, you guys got 10 more hours before the start, good luck! hehehe" but remember? they've done this at least 8 times right before the cannonball and many many times in last 4 years so it won't take 10 hours for them to do this ;p

これを観た見物客の多くが、「あらら、明日のスタートまでまだ10時間あるぞ、がんばれー」と、間に合わない仮定で冗談を言ってたけど、レース前にあれだけエンジンを開けて載せて降ろして開けて・・・をやった二人。過去4年だったらもっとすごい回数やってる作業なので、他に問題がなければ10時間もかからないですわよ、オホホホ。
 





not just us. other teams are busy working on their motorcycles, too. and it's a great encouragement for us to see older guys working on their bikes every night just for tomorrow. nowadays, people use the word "passion" so lightly. we can feel the real meaning of "passion' just being in the cannonball.

チーム80だけじゃない。他のチームもメンテに忙しい。毎晩、明日のためだけに私たちよりも年配の先輩達がせっせとオートバイをいじっている姿を見られるだけでも励みになるし、やる気が出る。何かを本当に好きだという気持ちが原動力となってものすごいパワーになること、情熱という言葉の重み。キャノンボールに参加しなければ一生本当の意味を分からずにいたと思う。


MW and L of Union Motorcycle Classics was there with us just to make sure if we needed anything. we are fortunate to have great friends.

前回お世話になったUnion Motorcycle ClassicsのMとLは、何か必要な物・事が出てくるのではないかと、ずっと見守ってくれている。

even a support crew of other team and staff who were staying at different hotel from ours stopped by to make sure that we were ok. "otherwise, i can't sleep!" RJ said :) everybody here treat us just like a family.

別のホテルに泊まっている他のチームのサポート・クルーやキャノンボールのスタッフが、疲れているのにわざわざ様子を見に来てくれた。「お前達が大丈夫なのか確かめないと眠れやしない!」とRJ。ここには出来の悪いチーム80を家族のように思ってくれる人達がいる。嬉しい。












 yee haw!

ひゃっほー!

thank you, L for being with us tonight!

ユニオンのL最後まで付き合ってくれてありがとう!


stu2011.blogspot.com