Sunday, September 14, 2014

day 9: afterward...


back to wrenching. weather they had a long ride or hard ride, they set aside past and focusing on tomorrow. it sounds painful but according to them, they enjoy every moment. if it's not love for motorcycle, what is it?

どんなに長い距離を走って疲れて戻って来ても、どんなに心身共にハードなライドだったとしても、木村氏もN美氏も終わったことにこだわらず、すぐに明日のために整備を始める。とても辛そうに聞こえるけど、(実際体力的には相当に辛いだろうけど)一瞬一瞬を楽しんでいるようにも見える。これがオートバイ愛じゃなければ何なのか。好きじゃなきゃ出来ないことだし、やろうとも思わないだろうな。

and here are another guys who love their motorcycle sooooo much and doing whatever it takes to cross country with it.

そしてここにも、自分達のオートバイを愛してやまない男達がいる。絶対に無理だと人に言われようと、どうしてもこれで大陸横断したいという一心でやれるだけをやっているおっちゃん二人組。
 
team 92 R says it's really hard to find parts for Neracar so they have to utilize anything to keep it going. first thing they do when they get to the next town is to find a hardware store in town. sounds very familiar :)

Neracarのパーツなんて探してもそうそうない。だから、代わりになるものを工夫して作るしかないんだ、言うのはR。うんうん、わかる。次の町に移動してまず最初にやることは、ハードウェアのお店を探すこと。それもわかる!全米のハードウェア屋とオートパーツ屋を探させたらチーム80とチーム92の右に出るものはないかも。
 










our indian is ready for tomorrow. it's going to be another tough day for her, crossing the Rocky Mountains.

インディアン、明日の準備完了。明日もロッキー山脈越え・・・泣ける。


stu2011.blogspot.com

stage 9: start...




stage 9, another chilly morning in Burlington, Colorado to Golden, Colorado. we're entering the rocky mountains.

コロラドの朝も寒め。ステージ9、始まりました。今日からロッキー山脈に突入です。
 
go, shinya! go, indian!

 木村氏、インディアン、頑張れ!

smoke and fog :)

インディアンの煙と霧の中に消えていく木村氏。

V rides the oldest machine (1914 HD) in cannonball and he's the oldest rider.

今回のキャノンボールで一番古いマシン(1914 HD)に乗るのは一番年長のライダーV。ほんと、こういうカカッコイイオトナになりたい。オトナだけど。


║║║║ ║║║║


and they are back!

そして、帰って来ました!
 
shinya said the indian maintained 35-40 mph but it went down to 18 mph on the super steep rocky road. however it didn't stop or get overheated. it kept going just slowly but steadily. a 99-year old motorcycle tried her best and wouldn't give up. shinya confessed that he cried on the road with the old indian.

平らな道ではずっと35マイルから40マイルをキープしていたインディアンが、ロッキー山脈に入って急こう配を登り始めるとどんどんスピードが落ち、18マイルに。それでも、止まることもオーバーヒートすることもなく、ただひたすらにタンタンタンタンと登っていったらしい。99歳のモーターサイクルが諦めることなく自分のベストをつくす姿を乗りながら見て、木村氏は泣いてしまったそう。

 

JL welcomed us with drawings of our 1915 indian. thank you very much! was a pleasure to meet you and your friends there at the finish.

チーム80のインディアンを描いて我々を出迎えてくれたコロラドのロコ、JL。どうもありがとう!
 
they need to work on a lot of thing tonight for tomorrow.

今宵も明日のために色々やることがあるようです。




stu2011.blogspot.com

Saturday, September 13, 2014

day 8: afterward...


 broken stand? no problem!

いやいや、スタンドが壊れたらすっごく困るけど、直すのはそんなに大変じゃないよ、と言われて安心する。
 







 Michael Lichter



now maintenance time.

ここからはメンテ。
 



ready.

準備完了。

stu2011.blogspot.com

stage 8 : start...


 good freezing morning in Kansas.

真冬のカンザス、おはようございます。


stage 8, 314 miles to Colorado. mostly flat and straight. go niimie!

ステージ8はコロラド州の端っこまで500km越えの平坦で真っ直ぐな道のり。



the cannonballers disappear in a dense fog one by one.

深い霧の中に吸い込まれてゆくキャノンボーラー達。


everlasting 360°flat scenery and straight road.

360°見渡す限り平坦な真っ直ぐの道を500km、チャボバンもひた走る。

 Colorado!

コロラド州!


 ████████



in Burlington at today's finishing point. rear-facing photographer Michael Lichter came back.

本日のゴール、コロラド州バーリントンにて。第一回目のキャノンボールからずっと後ろ向きでキャノンボーラー達の勇姿を撮り続けている、写真家のマイケル・リクター氏が戻って来た。

DK is back. a crowd of all the support crew who were waiting for their riders lessen gradually...someone told us that he saw niiime fixing something on the side of the road around lunch time. but niimie hasn't called yet so we believe he's on the road now. shinya said "don't worry. niimie is a great mechanic, whatever happens he will manage to fix it and move on!" we have 4 more minutes to be able to get the whole points but we don't care about that. as long as niimie and the indian are ok, we will be happy.

DKも戻って来た。一緒にライダー達を待っていたサポート・クルー達がひとり減り、ふたり減り、最後はチーム80だけになる。お前達の友達がお昼頃道の途中で何か作業していたぞ、という情報も。でも、連絡がないということは走っているに違いない。 「もし直せない問題なら連絡があるはずだし、N美くんはさ、ちゃんとしたメカニックなんだからさ、何があっても大丈夫だよ。」と木村氏が言う。でも、もう心臓がバクバク。制限時間まであと4分。時間は過ぎてもいいから、とにかく無事に戻って来てほしい、ただそれだけ。

 and here he comes!

すると、キタァァァァァ!!

 go go go!

行け行け~

 niimie made it by 3 minutes!

制限時間残り3分のところでぎりぎりゴール!

 this smile. he's the man!

あの道を走ってきた人の笑顔。本物。凄いよ、N美氏!

the reason why niimie took so much time was because the stand broke and he had to fix it in order to avoid it sag and drag and to make fuel stop, kick start, etc. after that, he said he just flopped forward on the indian and went as fast as it could go.

時間がぎりぎりになってしまったのはスタンドがパッキリ折れてしまって引きずってしまっていたから。スタンドがないと止められないし給油もままならまいしキックもできないので、ナイスな応急処置を施したN美氏。直した後は身体を伏せてスピード・マックスで疾走してきたらしい。やっぱり素晴らしい!


hosted dinner at old barn.
  
1900年初頭のバーンで夕食。


to the hotel parking lot... ride, wrench, repeat.

そして再びホテルの駐車場へ。


stu2011.blogspot.com