Sunday, September 23, 2012

coundn't get the perfect score but we had an extraordinary experience so it's all good...


 at the 6-mile mark...

スタートしてから6マイル地点でエンジン止まる。

 it wouldn't start...

押しても掛からない。
very kind officials said that there would be a lunch break before the bridge so we just haul the indian there and fix it during the lunch and cross the golden gate bridge, so we did.

オフィシャルがとにかく積んじゃって橋を渡る前にランチ休憩があるから、その間に直して橋を渡れるように頑張れ、と言ってくれたのでドナドナ。


found another broken-down bike ahead.

ちょっと先にも故障車発見。

and here, too.

そしてここにも。


Sean and Bill

なんだ、SとBじゃないか!

didn't matter whose bike it was, they all tried to fix it and cross the golden gate bridge together.

誰のオートバイかなんて関係ない、みんな直して何とか一緒にゴールデンゲート・ブリッジを渡りたい、そういう気持ち。

whenever the sweep truck was stopped, shinya and niimie checked on the indian. no super panacea yet.

給油などでオフィシャルのスウィープ・トラックが止まる度にインディアンをチェックする木村氏とN美氏。しかし、いつものようなミラクル解決策はまだ出てこない。



 ▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼


finally got to the park before the golden gate bridge. man, it was the longest drive of the whole trip. not the distance wise but i felt so.

やっとゴールデンゲート・ブリッジ手前の公園に着いた。今までで一番長く感じたチャボバンの運転。距離的にはいつもの3分の1もないくらいなのに。

in fact, there was nothing to do for shinya and niimie to fix the indian to the point where it can make it cross the bridge and run through the city in the urban traffic to the grand finish. but they wouldn't just give up.

正直言って、今のインディアンを半端ない交通量の橋を渡って都会の渋滞を潜り抜けてゴール地点まで行けるような段階まで直すのは無理なのは分かっている。しかもランチタイムはあと15分しかないらしいし。でも、無理です、って諦める訳にはいかない。一応やりますか、とツールボックスをチャボバンから下ろす二人。最後まで諦めないでくれてありがとう、それしか言えない。





nooooooooo waaaaaay! it's running again!!

えーーーーーーーーーーーーーーーーーーーまさか!エンジン掛かっちゃったよ!ミラクルきたぁぁぁぁぁ!

they made it for the group picture, too :)

記念撮影で皆がすでに並んでいる所に登場する羽目に。拍手で迎えられ、何とも気恥ずかしいシチュエーション。でも、せっかくだから間に合ってよかった。




shinya yelled "be prepare to lose the engine, i'll make it through!" and left. but... see the bridge up there? we all had to climb a steep hill to get to the bridge which the indian perhaps could not survive. however, we felt good. wherever they stop, we'll pick them up, no problem, and make a grand finish imposingly. i was thinking something like that while sending off all the antique motorcycles.

「ぶっ壊す覚悟で行ってくるよ!」と叫んで去っていく木村氏。しかし、橋が上の方にあるのが写真でも分かるけど、実はかなりの急な坂を登らないと橋にたどり着けない。きっと、今のインディアンじゃ登れない。でも、ここまでやったんだから気分は爽快。そりゃ残念だけど、途中で止まったインディアンと木村氏をバンで拾って堂々とゴールしよう。そんなことを考えながらすべてのアンティーク・モーターサイクルが橋に向けて出発するのを見送った。

2 comments:

occhiolungo said...

It was tons of fun to ride behind Shinya through the Presidio. I'm very proud of the #80 team for your hard work.

menacing ayu said...

occhiolungo: thank you! it was so great to see you and K there :)